Kクリニック

MENU
Main%e5%85%83

〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚5-7-9

Main%e5%85%83

お知らせInformation

現在、お知らせ情報はありません

ごあいさつGreeting

20200203 dr

院長木田裕也

小学生の頃に見た手術動画をきっかけに、外科の医師を志す。滋賀医科大学卒業後、滋賀県立成人病センター、京都大学医学研究科を経て、日本外科学会外科専門医の資格を取得。消化器のがんを中心に、難易度の高い手術も手がけていたが、がんの末期や再発患者の実態を目にしたことが転機となり、2018年重症患者を在宅で診療するKクリニックを開院。

重症でも在宅で過ごせる選択肢をつくり、
ご家族との大切な時間を支えたい

近年、通院できない方のための訪問診療は増えつつありますが、重症となると入院しかないと思われる方も多いでしょう。ただ、患者さんやご家族の中には「たとえ一時的でもいいから家族と過ごしたい」「最期は自宅で看取りたい」と希望する方も少なくありません。当院は、重症や難治症例であっても在宅で過ごせる可能性を広げたいと願い、大阪北摂地域で重症患者さんを中心に診療する、在宅医療専門のクリニックとしてオープンしました。

「在宅医療では、できることが少ないのでは?」と思われがちですが、持ち運び可能な検査機器・医療機器を可能な限り取りそろえ、各分野の専門の医師と協力し、他機関との連携を深めることで、幅広い疾患・病態に対応できるようになりました。また、単に医療を提供するのではなく、患者さんの苦痛を軽減する緩和ケアに積極的に取り組み、頑張りすぎて無理をしがちなご家族の様子にも気を配り、持続可能な在宅生活を一緒に考えていきたいと思っています。

<機能強化型在宅療養支援診療所> <在宅緩和ケア充実診療所>

当院の特徴Feature

特徴1

24時間
医師が待機しています

診療時間外でも急な体調変化があれば、状態に応じてすぐに往診します。看取りにも誠実に対応。機能強化型在宅療養支援診療所

特徴2

病状に合わせて
専門の医師が担当します

循環器、糖尿病、皮膚科、心療内科・精神科については専門の医師が在籍。複数の疾患を持つ方など幅広く診療できます。

特徴3

他機関との連携で
ご家族の安心をサポート

歯科や訪問看護ステーション、入院が必要になったときの病院など、他機関と連携を深めて、より安心できる体制をめざしています。

特徴4

在宅でもさまざまな
検査・処置を行えます

心電図やエコー、エックス線などのポータブル検査機器を備えています。また、在宅での酸素吸入や睡眠時無呼吸症候群にも対応可。

特徴5

がんに伴う痛みやつらさの
軽減に努めます

緩和ケアとして持続麻薬皮下注射や、難治性腹水に対してたまった腹水を除くCART治療を行っています。在宅緩和ケア充実診療所

診療内容Treatment

%ef%bc%91

在宅医療

まず在宅で対応可能かの見極めが大切です。個別にお話を伺いますので、お問い合わせください。当院は、緊急往診体制や看取りの実績件数などの用件を満たす「機能強化型在宅療養支援診療所」、緩和ケアなどの実績件数の用件を満たした「在宅緩和ケア充実診療所」で、がんの終末期・神経難病・輸血や呼吸器が必要な重症な方を中心に、脳梗塞後・認知症・高齢などで通院困難な方など幅広く診療を行っております。

%ef%bc%92

当院の在宅医療の診療範囲

悪性疾患については、抗がん剤治療、終末期緩和ケア、胸・腹水穿刺など、在宅でできる最大限の医療をご提供できるよう努めています。また、胃ろうや気管切開後の方、酸素吸入、点滴、輸血が必要な方にも対応できます。循環器や皮膚科など専門の医師がおりますので、持病がある方など、まずはご相談ください。認知症や不安神経症など、精神科の医師によるサポートもお受けいただけます。

%ef%bc%93

他の医療機関/介護との連携

重症でも対応可能な訪問看護ステーションと連携し、患者さんとご家族が安心して過ごせるよう、密に連絡を取り合い連携しています。また、食べられなくなった方に、可能であれば少しでも食べられる喜びを感じていただけるよう、歯科とも連携し、摂食嚥下の機能回復に向けて取り組んでいます。なお、在宅で生活する上でご家族が大変だと感じることがあれば、ご遠慮なくお伝えください。

診療時間Timetable

外来・訪問診療時間

時間
09:00~18:00

※臨時・緊急訪問は随時
※外来は完全予約制 

アクセスAccess

Kクリニック

診療科目
内科・外科・緩和ケア内科
所在地
〒561-0881
大阪府豊中市中桜塚5-7-9
TEL
06-6210-6776
交通アクセス

阪急宝塚本線 豊中駅から車で7分

メールでのお問い合わせ
ページ
トップへ
Access